PREV | PAGE-SELECT | NEXT

てをつなごう。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドリくんのメイン食変えてみる♪

メイン食(ナチュラルバランスリデュースカロリー)が残り僅かとなったためお店にGo

先日血液検査結果の連絡を受けるも、取り敢えず次の診察までは現状維持するつもりで
いつも通り小サイズ(1kg)を買う予定が、隣に置かれていた同じナチュラルバランスの
スイートポテト&フィッシュに書かれている「グルテンフリー」と言う表記に目を奪われ、
暫くフード変えてないし、次の診察まで3週間近く余裕があるため試してみることに

ローカロリーフードは穀物メインにすることでカロリーを抑えているため炭水化物が多く
糖に変わり中性脂肪に繋がる…みたいなこと書いてるサイトを見掛けた気もするし

何の確信もなかったが、今のフードを続けていても急に数値が改善されるわけもなく、
人間用サプリでも中性脂肪が気になる方にフィッシュオイルなんてよく聞く気がするし
サーモンベースというのも良いかな~なんて思い珍しく何も調べもせずに買ちゃった

まず初めは今のフードに混ぜながら数日掛けてシフトしていく予定
粗脂肪の数値が前より高いのが気になるけど、正直「粗脂肪」の正体もよくわからず
中性脂肪に直結するのか(?)だし、数値だけに敏感になりすぎるのも良くないかと
とにかくアレルギー対応食と言うことで穀物フリーなので糖質は抑えられるだろうし、
まずは試してみないとわからないよねってことで

16-06-04-1.jpg
中性脂肪の数値が下がってくれるといいな


「低カロリー」フードの落とし穴にご注意を!
一般的な低カロリーフードは、表示上のカロリーを減らすため、"穀物を主原料"としています。
元々肉食傾向の犬は、穀物の消化が苦手です。さらに、穀物の主成分である炭水化物は体内で
ブドウ糖に変化します。ブドウ糖などの糖分は、食品に含まれる脂肪分と結びつき、皮下脂肪や
中性脂肪として体内に蓄積されます。つまり、ダイエットをするために低カロリーフードを選んで
いたのに、知らず知らずのうちに太りやすい食事にしてしまっていた...という可能性があるのです。
(GREEN DOG HPより引用)

| 犬との生活 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。