PREV | PAGE-SELECT | NEXT

てをつなごう。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

培養検査結果:TEL

抗生物質が残り2錠になったため病院へ問い合わせ

経緯を話すと、まずは検査結果が出てるか調べますとのことだったが、
先生から直接ご説明した方が良いとのことで折り返し連絡もらうことに。

まだ痛いのか、時々ちょっと震えるんだよね
単に検査結果を先生から説明するって意味で、悪い結果ってわけじゃないよね?
ちょっとドキドキしながら連絡を待つ ドキドキドキ

12:00過ぎ、連絡が入る …で、培養検査の結果は「陰性」
…というワケで、膀胱炎ではなく「包皮炎」という判断になるとのこと。

残り2錠の抗生物質を飲みきって様子見、次回は狂犬病(4月末頃)の頃の
診察でOKとのことで、後は震えさえ治まれば一段落と言ったところか。

前々回、下痢ちゃんの診察で初めての先生に胆泥の療法食をすすめられ…
とは言えいきなり「混ぜてみては?」と言われても、どう混ぜたらいいのか悩んだ末、
フードの一部見直しを思いつき、電話ではあるが徐々に試してみる旨報告。

ここ数年、比較的食いつきが良かったためご飯を見直す機会がなかったが
考えてみればドリくんももう8歳。シニアと言われる世代なのよね
そろそろちょっとカロリーオフを考えてみてもいいのかも?と言いつつも、
バランスが難しいので上手くいくかどうか

でももし、日頃のご飯を見直すことで予防につながるのなら喜ばしい限り
すっかり恒例の尿検査と、年2回のエコー、年1回の血液検査を受けながら
先生に相談しBESTなドリご飯目指そうね

そして午後からは相棒を見送りに成田空港へ
今回も色々心配掛けることになり大変申し訳ない いつもどうもありがとう

| 犬との生活 | 23:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。