PREV | PAGE-SELECT | NEXT

てをつなごう。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

経過診察。膀胱炎ではなく…?/先生ありがとう

経過診察のため病院へ

診察室に入ると予約と違う先生が待っていたため何かの間違い?と思ったが、
今日の診察から、前任の先生に選任を託していた先生に変わったようだ

前回は急な診察により尿を持参することができなかったが、今日はしっかり持参。
検査の結果、ph6.0ストルバイト、タンパクその他なしでBEST尿

…は、いいけど、先日「膀胱炎」と診断されたばかりなのに why?
これまでの経緯を順追って話すうちに、点と線が繋がるようにある疑惑が浮上。
後任の先生曰く、膀胱炎ではなく「包皮炎」ではないだろうか?と

というのも、前回「膀胱炎」と判断された時に調べたのは採取した尿ではなく、
診察台にポタポタ垂れた尿(?)と言うか液体であり、包皮炎によりできた
水ぶくれ等による可能性も考えられるらしいのだ

「チェックしたのはポタポタ垂れた液体」「少し前までハッスル期で腰振り」
「先月のハッスル後のクッションの血」「マナーベルトの長時間着用」…etc.

詳しく調べるにはカテーテルで尿採取し「培養検査」を行うのがBESTとのことで
経緯を含め必要性を聞いたところ、一度してみてもいいと思うとのことだったので
検査を行うことになり結果待ち。いずれ抗生物質が有効とのことで引き続き服用

検査の結果、電話にてお知らせいただけるとのことで本日の診察終了

…そして、今日が最後となってしまう前任の先生にご挨拶。

本来であれば今日、前任の先生からの引き継ぎを兼ねた定期健診の予定だったが
先日エコー見たばかりで引き継ぐも何もなく、病院で元気に…というのもおかしいが
ま、比較的元気に挨拶するはずが治療中状態でのお別れとなってしまった

15-03-26-1.jpg

昨年7月の時間外診察を機に大変お世話になりました。
考えてみたら担当してもらった期間は過去一短いかもしれない
話し下手な飼い主の意向も真摯に受け止め、一つ一つ丁寧に診察してくれる先生で
めちゃくちゃ頼りにしていただけにとても残念

年々色々出てくるお年頃になってきたし、ずーっとドリくん把握してて貰いたかったな~
地元に帰り獣医を続けられるとのことで、、、その地元の人、羨ましいぞぉー
新天地でのご活躍心より願っております。ありがとうございました

9,800円(診察、外注検査、内用薬、尿検査2回)+駐車代 500円
体重 6.75kg


【検査結果】
 10/10/2013 [PH] 7.5 [SG] 1.050(+)ストラバイト
 10/31/2013 [PH] 6.0 [SG] 1.035
 11/27/2013 [PH] 6.0 [SG] 1.037(+)シュウ酸
 12/26/2013 [PH] 6.0 [SG] 1.034(-)
 01/28/2014 [PH] 6.5 [SG] 1.040
 03/12/2014 [PH] 7.5 [SG] 1.053
 04/24/2014 [PH] 7.0 [SG] 1.054
 05/30/2014 [PH] 7.5 [SG] 1.049(+)ストラバイト
 06/13/2014 [PH] 6.0 [SG] 1.039
 07/18/2014 [PH] 6.5 [SG] 1.028
 08/04/2014 [PH] 7.5 [SG] 1.034(+++)ストラバイト
 08/19/2014 [PH] 7.5 [SG] 1.022
 09/03/2014 [PH] 6.5 [SG] 1.046 pro(H)
 10/10/2014 [PH] 6.5 [SG] 1.040 pro(±)
 11/27/2014 [PH] 6.0 [SG] 1.044
 12/29/2014 [PH] 7.0 [SG] 1.052
 02/27/2015 [PH] 6.0 [SG] 1.045
 03/26/2015 [PH] 6.0 [SG] 1.044

| ペットクリニックへGO! | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。